トラリピでFXカスタム自動売買500万円を運用中! -設定公開

トラリピ

トラリピをトッピング-2億り夫婦のFXカスタム自動売買

2億り夫婦はFX自動売買をカスタマイズして不労所得の大きな柱としています。

具体的には、2020年1月からインヴァスト証券「トライオートFX」ビルダー機能を使ったカスタムFX自動売買で2,000万円を11通貨ペアで運用して、週に約5〜29万円(平均週11万円、月平均44万円)の利益を得ています

そして22週間でトライオートFXの口座清算価値が+500万円を上回ったので、この資金で

トラリピFX自動売買をトッピングすることにしました。

本来トッピングリピートはトラップを徐々に増やして複利運用していくことを指しますが、面倒なので証券口座まるごとトッピングしました笑。

FX自動売買二本立て
トライオートFX(11通貨ペア)資金:1,500万円

トラリピ(7通貨ペア)資金:500万円

FX自動売買の証券会社比較 – なぜトライオートFX→トラリピ?

いくつかの証券会社がFX自動売買システムを提供しています。

これらの証券会社を比較して、どれを選ぶかを考える上では、いくつかの基準があります。

FX自動売買の証券会社を選ぶ際の基準
①どの程度カスタマイズできるか(しなくていいか)
②取引コスト(手数料・スワップ)
③システムの使い勝手

最初にトライオートFXを選んだ理由

FX自動売買のシステムを提供する各証券会社口座の中でも、利確幅などをカスタマイズできるのはマネースクエア「トラリピ」インヴァスト証券「トライオートFX」の二つだけです(たぶん)。

この時点で2億り夫婦としては二択になります。

トライオートFXを選んだのは、

トライオートFXの利点
(1) コロナショック以前の取引コストが有利だった(今も有利)
(2) 多くの通貨ペアで運用ができる
(3) カスタマイズが自由にできる

ことが主な理由です。

ちなみに、最近調べた取引コストが下記の表になります。

  インヴァスト証券「トライオートFX」 マネースクエア「トラリピ」
  スプレッド+手数料 売りスワップ 買いスワップ スプレッド+手数料(ゼロ) 売りスワップ 買いスワップ
USD/JPY 4.3 pips -35 5 4.0 pips -99 1
CAD/JPY 5.9 pips -46 2 5.0 pips -30 0
EUR/JPY 4.5 pips 2 -32 5.0 pips 1 -66
AUD/JPY 4.6 pips -55 1 6.0 pips -30 0
NZD/JPY 5.7 pips -55 1 7.5 pips -33 0
AUD/USD 5.4 pips 1 -53 4.5 pips 15 -70
NZD/USD 6.0 pips -53 1 4.5 pips 17 -65
2020年7月1日調べ;赤字が有利な方です。トラリピのCAD/JPYは調べた時点で買い・売りともスワップゼロキャンペーン中のため、キャンペーン前の数字です。
コロナショック以後の取引コストは、多通貨ペアでみるとあまり変わりませんが、一番利益に関わってくるのはマイナススワップの大きさです。

一方、通貨ペアの多さではトライオートFXに軍配が上がります(特に、多ければいいというわけではなく、自動売買に向く通貨ペアの数が問題になります)。

2億り夫婦のFX自動売買スタイルでは、通貨ペアを増やすほど安全性が増します。

通貨ペアを増やすメリット
①含み損は通貨ペアに比例しない
②相場が動かないときにも多通貨ペアだと稼いでくれる

①多通貨ペアを運用すると、それぞれの相関は高いものから低いものまでいろいろです。なので、◯◯ショックのときに同時にすべての通貨ペアが振り切れるわけではなく、その分リスク分散ができます。

②逆に相場が動かないときでも、多通貨ペアで運用しているとどれかで利確してくれます。つまり、「稼げない」リスクも軽減してくれます。

実際に、2億り夫婦は11通貨ペアで運用していて、コロナショック時の最大ドロップダウンが-153万円、一方でほぼ毎週5万円以上の利確があります。

以上の理由から、インヴァスト証券「トライオートFX」を最初に選択しました。


設定は次のページで公開しています。誰にでも運用が可能です!

リンク:【利回り13%以上!! 2億り夫婦のトライオートFXカスタム自動売買設定公開!】

また、軍資金25万円から始められるトライオートFXカスタム自動売買についても各通貨の設定を考えてみました。ぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

リンク:【2億り夫婦のステップアップFX④25万円から始めるFX自動売買】


2番目にトラリピを選んだ理由

さて次にトラリピを選びましたが、トラリピにもトライオートFXに負けないくらいの利点があります。

トラリピの利点
(1) トラップ数量に上限がない(どんどんトラップを増やせる)
(2) 決済トレール®機能がある(特許あり)
(3) カスタマイズができる

特に、トラップ数量に上限がないことは、自動売買自体を複利運用する上で欠かせない条件です。

また、決済トレール®機能は、トレンドが発生しているときに、設定した利確幅を超えて利益を増やしてくれる機能で、トラリピだけの特許です。

決済トレール®|マネースクエア
決済トレールとは、決済価格が値動きの「トレンドを追いかけることで、利益の極大化をねらう」トラリピ専用の機能です。決済トレールを使うことで、トレンド相場でも取引機会をねらうことが可能となります。FXならマネースクエアの公式WEBサイト。

上記のマネースクエアのページにもあるように、決済トレールを使うと利益が減る場合もありますが、その点は今後の検討テーマです。

トラリピの資金はどのくらい必要なのか?

今回の口座資金はこんな感じにしました。

2020年1月トライオートFXカスタム自動売買開始:2,000万円
⬇️
2020年6月トライオートFX:2,500万円に増える
⬇️
1,000万円を出金して500万円をトラリピに

必要証拠金に関しては下記のように考えました。

●もともと2,000万円の元金で始めたトライオートFX自動売買(11通貨ペア)だけれど、コロナショックの際にも含み損が200万円程度しか発生しなかったことを考えると、当面1,500万円の資金で運用すれば安全。
●7〜11通貨ペアで運用すると、◯◯ショックのときであっても動くペアと動かないペアがあるので、それほど含み損が膨らまない(少なくともコロナショックの2番底が来ても大丈夫)。
●ただし、運用期間が長くなればポジションも増えて、次の◯◯ショックの際には含み損(必要資金)が増える可能性もある。
●一方で、トライオートFXをこれから1年くらい放置すれば+500万円くらい利確されるので2,000万円程度に資金が戻ると予想され、安全性が増す。
●次の◯◯ショックのときも今回と同様にヘッジをすれば、含み損が増えるどころか利益が膨らむ。
●トラリピではひとまず7通貨ペアでトライオートFXとほぼ同じ設定で開始するので、大雑把に700万円くらいあればまずは安全。

500万円で7通貨ペアは多少攻めた設定になりますが、年に100~150万円程度の利確を見込んでいるので、比較的短期間で安全性が増すという目論見があります。

2億り夫婦のトラリピ運用の設定

運用中の各通貨ペアのトラリピ設定を公開します。基本的な設定はトライオートFXとほぼ同じです。

トライオートFX vs トラリピ比較計画

両者の違いは、上にも書いたように決済トレールの有無です。せっかくなので、利確幅を同じにして、決済トレールや取引コストで運用実績がどのくらい違ってくるのか、というのを今後比較していきたいと思います。

(1) 米ドル/円 (USD/JPY)

  買い 売り
レンジ 80.1-110.0 110.1-140.0
レンジ幅 3,000 PIPS 3,000 PIPS
トラップ本数 300 本 300 本
1トラップあたり数量 1,000 通貨 1,000 通貨
利確幅 +70 PIPS +70 PIPS
カウンター -70 PIPS固定 +70 PIPS固定
決済トレール あり あり
①過去約20年間のレンジがほぼすっぽり入るように、80円~140円を想定するレンジとして設定します。
②下半分を買いレンジ、上半分を売りレンジにします。
③トラップは0.1円(10銭)ごとに仕掛けます。結果としてトラップ本数は買い300本・売り300本になります。
④利確幅は2億り夫婦のトライオートFXカスタム自動売買と同じ70 PIPSにします。カウンター値は、利確されたときから70 PIPS分戻ったポイントに固定します。
⑤決済トレールをありにします
なお、トライオートFXのスワップポイントに関しては各通貨下記のようになっています(2020.03.08調べ、円換算)。
 

(2) カナダドル/円 (CAD/JPY)

  買い 売り
レンジ 70.1-95.0 95.1-120.0
レンジ幅 2,500 PIPS 2,500 PIPS
トラップ本数 250 本 250 本
1トラップあたり数量 1,000 通貨 1,000 通貨
利確幅 +70 PIPS +70 PIPS
カウンター -70 PIPS固定 +70 PIPS固定

(3) ユーロ/円 (EUR/JPY)

  買い 売り
レンジ 90.1-120.0 120.1-150.0
レンジ幅 3,000 PIPS 3,000 PIPS
トラップ本数 300 本 300 本
1トラップあたり数量 1,000 通貨 1,000 通貨
利確幅 +100 PIPS +100 PIPS
カウンター -100 PIPS固定 +100 PIPS固定

(4) 豪ドル/円 (AUD/JPY)

  買い 売り
レンジ 60.1-85.0 85.1-110.0
レンジ幅 2,500 PIPS 2,500 PIPS
トラップ本数 250 本 250 本
1トラップあたり数量 1,000 通貨 1,000 通貨
利確幅 +70 PIPS +70 PIPS
カウンター -70 PIPS固定 +70 PIPS固定

(5) NZドル/円 (NZD/JPY)

  買い 売り
レンジ 45.1-70.0 70.1-95.0
レンジ幅 2,500 PIPS 2,500 PIPS
トラップ本数 250 本 250 本
1トラップあたり数量 1,000 通貨 1,000 通貨
利確幅 +70 PIPS +70 PIPS
カウンター -70 PIPS固定 +70 PIPS固定

(6) 豪ドル/米ドル (AUD/USD)

  買い 売り
レンジ 0.501-0.750 0.751-1.000
レンジ幅 2,500 PIPS 2,500 PIPS
トラップ本数 250 本 250 本
1トラップあたり数量 1,000 通貨 1,000 通貨
利確幅 +60 PIPS +60 PIPS
カウンター -60 PIPS固定 +60 PIPS固定



(7) NZドル/米ドル (NZD/USD)

  買い 売り
レンジ 0.451-0.650 0.651-0.850
レンジ幅 2,000 PIPS 2,000 PIPS
トラップ本数 200 本 200 本
1トラップあたり数量 1,000 通貨 1,000 通貨
利確幅 +70 PIPS +70 PIPS
カウンター -70 PIPS固定 +70 PIPS固定


それでは今後、運用実績を定期的に公開していきます。


マネースクエア「トラリピ」では、2億り夫婦と同じ設定でカスタム自動売買を運用することができます。

みなさんの応援が励みになります。
クリック(↓)で応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア


コメント

タイトルとURLをコピーしました