2億り夫婦の「トライオートFXで裁量FX」

トライオートFX

自動売買だけではない、トライオートFX活用術

2億り夫婦は、インヴァスト証券「トライオートFX」でリピート系FX自動売買を本格運用しています。
1,500万円を11通貨ペアで運用して、平均して週に8万円以上、月に36万円以上の副業収入を得ています

トライオートFX利確実績
平均週8万円、月36万円、1年で432万円

2億り夫婦は自動売買が何よりの好物で、自動売買を中心に取引(というか放置)していますが、時折裁量トレードもしています。

そして量トレードでよく活用するのがトライオートFX口座です。

特に、今なら(〜2021/4/30まで)トライオートFX 「ポンド/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」取引キャッシュバックキャンペーン」中なのでオススメです!

 

↓↓インヴァスト証券「トライオートFX」 口座開設はこちらからどうぞ↓↓インヴァスト証券「トライオートFX」

 

「ポンド/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」キャンペーン内容

キャンペーン内容を確認します。

※(ユーロ円の場合)1万通貨あたり新規取引で15円、決済取引で15円がキャッシュバック。
※1万通貨あたり新規取引/決済取引は対象通貨ペアごとにカウント。
※自動売買取引による建玉をマニュアルで決済した場合は対象外。
※ロスカットによる決済は対象外。

キャンペーン中にポンド円、ユーロ円、豪ドル円のいずれかで新規のポジションを持てば、それを決済しなくてもキャッシュバックがもらえるようになっています。もちろん決済までいけば2倍のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックは2021年5月末に口座に入金されます。

キャンペーンの恩恵を受けるためには申し込みが必要なので注意しましょう。

2億り夫婦の裁量FX 2021年4月版

2億り夫婦(夫)は裁量トレードの才能がない(だからこそトライオートFXで自動売買をメインで運用している)のですが、たまにはトレーダーのふりをしたくなるので笑、裁量トレードをしています。

特にトライオートFXは、自動売買のために現在1,800万円を超える証拠金があります(ちなみに元金は1,000万円です。正確には1,500万円で始めて、途中で500万円を出金しています)。

そこで、この証拠金を使った裁量トレードをしています。

これまでの2億り夫婦のトライオートFX通貨別裁量トレード成績

通貨ペア 裁量トレード損益(円)
米ドル/円 199,626
カナダドル/円 276,970
ユーロ/円 17,600
豪ドル/円 736,034
NZドル/円 424,710
ユーロ/英ポンド 121,355
NZドル/米ドル 456,409
英ポンド/米ドル 0
ユーロ/米ドル 42,200
豪ドル/米ドル 566,301
ユーロ/豪ドル 0
合計 2,841,205

特に豪ドル/円は相性が良いようです😊

一方で、今回キャンペーンの対象となっているユーロ/円、豪ドル/円の長期チャートをみてみます。

ユーロ/円長期チャート

豪ドル/円長期チャート

両者の長期チャートをみると、豪ドル円でユーロ円より下降傾向が強いようにみえます

豪ドル円は米中関係に左右される要素が比較的大きいですが、先日の異例とも言える米中外交トップの主張の応酬をみると、少なくともあまり明るい米中関係が中期・長期的に築かれる雰囲気は感じられませんでした。

一方でユーロ円は昨年以来、ユーロドルの上昇につられるような形で上昇して130円前後を推移しています。このトレンドはもうしばらく続くかもしれませんね。

最近1ヶ月のユーロ円(4時間足)を次にみてみます。

ユーロ円はここ1ヶ月ほど128.5-130.5円の約2円の幅でレンジ相場を形成していることがうかがわれます。このレンジを抜けてくるのかが注目されるところですが、長期の下降トレンドをみると、一度レンジを抜けてもしばらくするとどこかのポイントで下降トレンドに回帰するのでは、というのが今の時点の2億り夫婦の予想です。

ユーロ円短期裁量トレードの方針

2億り夫婦は裁量トレードでも自動売買でも損切りはしないスタイルでトレードをしており、ここ5-6年ほど損切りはゼロです(つまり勝率はずっと100%です笑)。

短期裁量トレードで想定と逆行した場合にも、放置して戻ってくるのを待ちます。長期的にレンジを形成する先進国通貨同士のFXではこのスタイルが有効な一方、長期的に下落傾向が続く高金利通貨では一工夫加える必要があります。

逆行した際に長期ホールドするためには、プラススワップ(〜ゼロスワップ )であることが条件になります。

その点でユーロ円の売りはプラススワップ (1万通貨あたり+5円; 2021年4月11日現在)で長期保有によいですが、豪ドル円の売りはマイナススワップとなるため、このスタイルだと手が出しにくい通貨ペアとなります。

しかも今ならキャッシュバックもあってちょっとお得。

そこで、今後数ヶ月の間に逆行しても戻ってくると予想するユーロ円で裁量トレードをしようと思います。

2021年4月11日現在、2億り夫婦は130.6円に売り2万通貨を指値に入れています。

ポジションを持ったら130.1円で決済される注文になっています。

つまり、IFD(イフダン)ですね。こうしておくと、完全に放置が可能です。

初心者の方のためにオーダー画面のスクショを入れておきます(図の左です)。

例えばこの後、仮に1ユーロ150円まで吹き上がったとしても40万円の含み損なので、証拠金からしても許容範囲です。

—————————————

(2021年4月12日追記:記事の公開が遅れて、その間にすでに上記の注文は約定されました…

まだこの辺りのレンジで動きそうなので、130.6→130.0のIFDをもう一度入れてみました。追記ここまで)

—————————————

裁量トレードでなかなか勝てないという方は、ロットを下げて指値を入れて、ひたすら決済されるまで放置するというのも一つの手かなと思います。

もう少し詳しく書くと、下記に当てはまるようなタイプの方は、ご紹介したような放置型トレードがストレス軽減につながるかと思います。

放置型トレードがおすすめの方
①FXで裁量トレードをしてもどうしても勝てない。
②エントリーすると大概予想と反対に動いて精神的に辛い。
③今までにFXで◯◯◯万円を一瞬で失った。
④何時間もチャートに張り付いていたのに負けて徒労感が半端ない。
⑤今までのFXの損失はいずれFXで取り返せると思っている。
⑥チャートを見ている時間が長いほど負けることが多い。
⑦デイトレードやスキャルピングに疲れた。
⑧もっとストレスのないトレードをしたい。
⑨FXでトレードをしたいけれど仕事や育児で時間がとれない。

2億り夫婦も裁量トレードの才能がないので、上のいくつかに当てはまり、「なんとかトレードスタイルを変えなければ」と思って行き着いたのがリピート系FX自動売買でした。

自動売買と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、言ってみれば上の例で「130.6で売って130.1で買う(決済する)」、というIFD(イフダン)のようなトラップを、ユーロ円であれば90〜150円の間に0.1円ごとに無数に散りばめているだけです。

想定しているレンジの範囲内(90-150円)で動いてくれれば、こちらが手動でオーダーしなくても勝手に働いてくれる便利なシステムです。

しかも、一度設定してしまえば半永久的に動いてくれますから、まさにほったらかしにすることが可能です。

トライオートFXでは、裁量トレードはもちろんのこと、リピート系FX自動売買もかなり高スペックで運用することが可能なため、おすすめです。

リピート系FX自動売買の利点や欠点、必要証拠金やオーダーの仕方などはこちらのページで詳しくご紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

【保存版】2億り夫婦が本格運用するトライオートFX自動売買のすべて

 
 

↓↓インヴァスト証券「トライオートFX」 口座開設はこちらからどうぞ↓↓インヴァスト証券「トライオートFX」


2億り夫婦の他の投資アセットはこちらからどうぞ↓

【リンク】:共働き夫婦が月に135万円の不労所得を生み出す投資内容を公開‼︎


みなさんの応援が励みになります。
クリック(↓)で応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました