【停止中】USD/HKDウルトラスイングで利回り900%(30万→270万円)を本気で狙う

海外FX

現在停止中です。以下は参考資料です。

2020年5月22日追記 悲報:スワップポイントがマイナスに

二つの口座で運用していた下記のUSD/HKDですが、2020年5月にスワップポイントがLong/Shortともにマイナスになってしまいました。

1日に-1,000円を越えるマイナスになるため、長期保有で上昇を待つという戦略が取れなくなりました。

というわけで、残念ですが「ウルトラスイング x2で一撃630万円」は諦めることにしました。

少しレートが上がったときに全決済しています。

無念です…。

今後プラススワップになったらまたウルトラスイングができますので(笑)、下の記事はこのままにしておきます。

利回り900%狙い!! USD/HKDウルトラスイング(海外FX使用)

怪しい触れ込みですし、リスクは多少ありますが、2億り夫婦の宝くじ的なお楽しみとして「USD/HKDウルトラスイング」(勝手に命名)をご紹介したいと思います。

2億り夫婦のブログでは怪しげな投資方法はご紹介していないつもりですが、あとは普段の2億り夫婦の記事から判断していただくしかないです笑(なお、2億り夫婦はカスタム自動売買や高金利通貨スワップ投資などで地道に利回り15-20%程度の資産運用をしています)。

ここでご紹介する「USD/HKDウルトラスイング」は、ドルペッグ制を利用して為替リスクを抑えた上で、うまくいくと一撃で30万円が272万円に増える(口座開設ボーナスを使えば10万円が272万円に増える)投資なので、遊び心のある方にはオススメできる投資方法の一つです。決してギャンブル性のない投資だとは言いません。

記事が長くなったので、先に内容をまとめます。

USD/HKDウルトラスイングのまとめ
ドルペッグ制のためUSD/HKDは原則7.75-7.85の狭い範囲で変動。
●なので、7.75付近の買い、および7.85付近の売りは、損失リスクがかなり限定的。
●そこで、海外FXのハイレバレッジを利用して900%以上の利回りを狙う。
●特に海外FX会社のGEMFOLEXはUSD/HKDの買いも売りもプラススワップで、長期保有でも気にならない。
●2億り夫婦は元金30万円、レバレッジ約530倍でUSD/HKDの上昇待ち。
●もちろんリスクもあるのできちんと理解して運用を。

順にご説明していきます。

USD/HKDはドルペッグ制

米ドル/香港ドルにおけるドルペッグ制とは、香港ドルの動きをUSドルに連動させる仕組みを指します。

不安定になりやすい香港ドルに対して、基軸通貨である米ドルを連動させて固定相場制度とすることで、香港ドルを安定化して通貨の信頼性を増すことが目的です。

結果として、米ドル/香港ドルは原則として7.75-7.85の間に固定されています。

このドルペッグ制は1983年に導入されて、すでに約27年間維持されています

この狭いレンジで上下するのを生かして低リスクで運用する点がUSD/HKDウルトラスイングのポイントです。

米ドル/香港ドルは27年間、7.75-7.85の間に固定されている。

【補足】

Wikipediaのドルペッグ制についての説明を引用しておきます。

ドルペッグ制 - Wikipedia

なお、香港では国内に流通する香港ドルに見合う量の米ドルを中央銀行が保有するというカレンシーボード制を敷いています。その結果、香港ドルは100%、中央銀行の保有する米ドルにバックアップされるため、為替レートを固定するという政策に信認がもたらされ、また中央銀行は無秩序に香港ドルを刷れなくなるためインフレの抑制になります。

カレンシーボード制 - Wikipedia

7.75付近の買い、および7.85付近の売りは、損失リスクが限定的

以上のことから、ドルペッグ制が維持される限り、米ドル/香港ドルは7.75-7.85の間に収まっています。

7.75付近で買えば、それよりほとんど下がらない
7.85付近で売れば、それよりほとんど上がらない

シンプルな運用法と海外FXの利点

さて、上記の利点を生かしてどう運用するかですが、とてもシンプルです

①7.75付近で買う
②7.85付近になったら決済する
③7.85付近で売る
④7.75付近になったら決済する

これを繰り返す(スイング)だけです笑。

なお、2020年4月20日現在、USD/HKDはBIDが7.75を割るくらい7.75の下限にきていますから、エントリーのチャンスです。

例えば7.75付近で買いポジションを持つ際には、それ以上ほとんど下がらないことから、高いリバレッジで取引をしても比較的安全です。

日本国内のFXはレバレッジ25倍に制限されているので、こういうときこそ高いレバレッジで取引可能な海外FXの出番です。

証券会社にもよりますが、海外FXでは1,000倍くらいのレバレッジで取引することが可能です。

モデルケースでロスカットレートと利益を計算

口座に30万円の資金を入金、7.75200で20 Lot(200万通貨)保有する場合

計算が苦手な方は下の赤の囲みの結論だけみてください。
まずはロスカットになるレートの計算です。

ロスカットレートについて

USD/HKD 200万通貨ということは、1 USD = 107 JPYとして、

107 x 200 = 2億1400万円

分に相当します。入金した資金の約713倍のお金で取引することになりますが、今回おすすめするGEMFOLEXでは1,000倍までのレバレッジで取引が可能なので、上記の取引が可能になります(口座残高200万円(20,000USD)以上は、レバレッジ上限が500倍になります)。

1 Lotあたりの必要証拠金は約10,800円、ロスカットレートは20%なので、有効証拠金 (入金額+評価損益)が約10,800 x 20 Lot x 20% = 43,200円を下回るとロスカットされます。

つまり、評価損益が300,000 – 43,200 = 256,800円 以上マイナスになるとロスカットされることになります。

20 Lot で 0.00001下落すると約-278円なので、7.75200で買った場合には

7.75200 – (256,800/278 x 0.00001) = 7.74277まで下落するとロスカットになります。

7.85まで上昇したときの利益は?

では、7.85まで上昇したときの利益はいくらになるでしょうか?

20 Lot で 0.00001上昇すると約+278円ですから、7.75200から7.85000まで上昇すると、

(7.85000-7.75200)/0.00001 x 278 = 2,724,400 円の利益になります。

30万円の元金なので、

2,724,400 / 300,000 = 908 %の利回りです笑。

つまり、1スイング(片道)で272万円の利益が上がります

得られた資金をもとにLot 数をMAXの30 Lotに増やせば、復路で約408万円の利益になります。

このようにして往復 (7.75 → 7.85 → 7.75) スイングすれば、約680万円で2260%の利回りになります笑笑。

モデルケース まとめ
口座に30万円の資金を入金、7.75200で20 Lot(200万通貨)保有する場合
●7.74277でロスカット
●7.85まで上がると272万円の利益(利回り908%)
●往復スイングで680万円の利益(利回り2260%)

なお、GEMFOREXでは1口座につき最大30 Lotまでの保有が可能です。上記のモデルケースよりもっとリスクをとって初めから30 Lotで運用してもいいですし、一度利確されたら30 Lotに増やすというのでもいいと思います。

上記のモデルケースで20 Lotの運用としたのは、30万円の入金(あるいは10万円+20万円キャンペーンボーナス)でそこそこ安全に運用できるのではと考えたからです。

30 Lot運用の場合は40−50万円証拠金があったほうが安心ですが、それでも40−50万円がゼロになる可能性が少しあると考えると抵抗があるかなと…。

上記の計算はあくまで概算であって厳密ではないので注意してくださいね(スプレッド無視してます。でもUDS/JPYのレートが大きく動かなければ、計算結果も大きくは変わらないはずなので、目安として使ってください)。

GEMFOREXなら買いも売りもプラススワップ!

のちほどUSD/HKDウルトラスイングのメリット・デメリットをきちんとまとめますが、一つの欠点として、いつ7.85に上がるかわからない(いつ7.75に下がるかわからない)という点があります。

ところが、海外FX会社であるGEMFOREXでは、なんとUSD/HKDの買いも売りもプラスのスワップポイントを提供しています。

これなら、いつまででも放置して7.85まで上がる(7.75まで下がる)のを待つことができますね。

ちなみに、GEMFOREXはUSD/JPY、EUR/USD、USD/HKDで買い・売りともにプラススワップなので、これらの通貨ペアでは両建てで同じ量の通貨を保有することによって、為替リスクを最小限にしたさやとりをすることができます。実際に2億り夫婦はUSD/JPYで毎日740円のスワップポイントをがめています。こう書くと大した額ではないですが、年間27万円、10年間で270万円になります。毎日のランチ代だと思うとちょっとお得な気分になります。

リンク:【利回り125%!! 誰でもできる海外FX両建てさやがめ

GEMFOREXの口座開設キャンペーンが素晴らしい

さらに、GEMFOREXさんの口座開設キャンペーンは海外FX会社の中でも破格なので、口座をまだ持っていない方はぜひ利用してください。

キャンペーンを利用しよう①

GEMFOREXの口座開設キャンペーンとして、オールインワン口座開設の際には2万円の証拠金をもらえることがあります。

これは海外FX会社の中でも破格の特典なので、そのような機会を利用しましょう。きちんとフォローしていませんが、定期的にこのキャンペーンを行っていると思います。

なお、基本的にこのボーナスは「証拠金として使える」だけで、出金はできないのでご注意ください。あくまで、投資のための軍資金としての扱いです。

あと、取引によって得た利益を出金するとボーナスが消滅するそうなので、その点にも注意が必要です。

さらにキャンペーンを利用しよう②

また、GEMFOREXの別のキャンペーンとして、破格の「入金額の100%あるいは200%の証拠金プレゼント」というのがあります。

こちらのキャンペーンも定期的にしていると思いますので、ぜひチャンスを利用してください。

100%キャンペーン期間中、入金額の200%ボーナスがつく日というのがあると思いますので、毎日ログインして確認後、200%ボーナスに当たっていたらすぐに確実に入金するようにして下さい。

2億り夫の場合、USD/JPY両建てさやがめをしたくて、上記の2つのキャンペーン(2万円+200%ボーナス) を組み合わせることによって、226,000円の入金で20,000 + 226,000 × 3 = 698,000円の証拠金を獲得することができました。

リンク:【利回り125%!! 誰でもできる海外FX両建てさやがめ】

同様に200%ボーナスを利用すれば、最大で10万円の入金で 2 + 10 x 3 = 32万円の証拠金を使えるようになるはずです。

先ほど30万円の入金で900%以上の利回りと説明しましたが、口座開設ボーナスをうまく使えば10万円の入金で同じ運用ができますから、2700%の利回りが期待できます!!

アホみたいな数字ですが、理論上はそうなります。2億り夫婦はすでにこのキャンペーンを使ってしまい、USD/HKDウルトラスイングはGEMFOREXの「ノースプレッド口座」を開設して運用しているため、最大900%までしか狙えないのが残念なところです。

なお、口座開設ボーナスや入金ボーナスはオールインワン口座のみ適応になりますので、ご注意ください。また、上にも書きましたが、あくまで「証拠金を入金額の3倍持った」ように投資できる、という意味なので、ボーナス分の出金はできません。

USD/HKDウルトラスイングのメリット

上記の「USD/HKDウルトラスイングのメリット」をまとめておきます。

USD/HKDウルトラスイングのメリット
●ほぼ決められたレンジ相場の中で動くので、リスクを最小限に抑えられる。
●海外FXを使ったハイレバレッジ運用にうってつけ。
●ハイレバレッジ運用によって、片道最大900%以上の利益が見込める。
●特にGEMFOLEXでは長期待機でも常にプラススワップ。
GEMFOLEXの口座開設キャンペーンをうまく使えば10万円で32万円の証拠金を獲得できる。つまり、最大2700%以上の利回りを見込める。
以上のメリットを踏まえて、2億り夫婦はUSD/HKDウルトラスイングをやらない手はないと考え、運用を開始したところです。

USD/HKDウルトラスイングのデメリット

それでは逆に、USD/HKDウルトラスイングのデメリットについて説明していきます。

いつ上がるか(下がるか)わからない

上記にも書きましたが、問題はいつ7.85付近まで上がるのか(7.75付近まで下がるのか)わからないので、下手をしたら何年も待つことになります。

ではどうしたらよいかというと、待てばいいんです。香港ドルの上にも3年。

GEMFOLEXならマイナススワップで目減りしていくこともないので、ひたすら待ちましょう。

7.85まで上がったときには利回り900% (ボーナス利用で2700%)ですから、たとえ30年待ったとしても、1年あたりの利回りは30% (90%) (単利) です笑。

為替リスクは完全にゼロではない

大きく2つ為替リスクがあります。

スプレッド拡大によるロスカット

為替が大きく変動した際にはスプレッドが大きく広がる可能性があるため、その際には含み損が広がります。

実際にロスカットされたケースの報告がありますし、2億り夫婦にもそのような悲劇が今後発生するリスクは十分にあると考えています。

そうならないことを祈る、あるいは証拠金を増額するしかありませんが、どこまで証拠金を増やしたら大丈夫なのかもわからないため、30万円くらいなら消滅しても諦めがつくかなと考えて30万円を入金しました。

2019年10月から「USD/JPY両建てさやがめ」、2020年3月から「USD/HKDウルトラスイング」の運用をGEMFOREXさんで始めましたが、今のところスプレッドが広がって冷やっとしたことはありませんが、今後ないとも限らないので、入金した証拠金は捨てたものと思って始めるくらいのスタンスがいいと思います。

ドルペッグ制の終了

「USD/HKDウルトラスイング」の前提になっているのはドルペッグ制なので、その梯子を外された場合にはさようならする可能性があります。

すでに27年間維持されてきたドルペッグ制ですが、今後も維持されるのか?終了までに何スイングできるのか?、ドルペッグ制が終了になったときに、はたして相場がどちらに動くか?

そのあたりが予測できない為替リスクになります。

もし順向きに動けば、利回りは2700%を越えるかもしれませんよ…笑。

スワップポイント要チェック

両方向にスワップがプラスという状況はいつまで続くかわかりません。2億り夫も週一度くらいはチェックしていますので、もし状況が変わるようならTwitterでお知らせしたいと思います。

いわゆるさや取りを禁止している証券会社もありますが、GEMFOREXはむしろさやとりを推奨しているので、その点は問題ありません。

3か月に一度取引が必要?

GEMFOREXでは毎年1/1, 4/1, 7/1, 10/1の4回チェックをしてその間(例えば1/2-4/1)に取引がないと1500円の口座維持費がチャージされます。

ちなみに、20 Lot 買いポジションを保有したときのスワップは約26円(売りだとその3倍)なので、3ヶ月で26 x 90 = 2,340円くらい貯まります(概算)。スワップで稼ぐというほどの額でもないですし、このスワップ分を口座維持費に充てるという考え方はありだと思います。

あるいは口座維持費の発生を回避するために時折適当な裁量トレードをするのでもいいですね。

海外FXと日本国内FXの税制の違い

海外FXと日本国内FXでは多少の違いがあります。海外FXで得た利益は雑所得として総合課税制度が適応されます。

海外FXって大丈夫なの?

そもそも海外FXって大丈夫なのか、という点についてですが、GEMFOREXに関して言えば、ニュージーランドで金融ライセンスを取得していて、少なくとも6年にわたり受賞歴もあるので、きちんとしている方だと思います。

海外FXでは出金トラブルもあるようですが、GEMFOREXの場合はよほど問題のある取引をした人(?)以外は出金拒否の事例はないようです。

一方、信託保全もされていると書いてありますが、万が一業者が破綻した際に、口座にあったお金が全額補償されるわけではないようです。


「USD/HKDウルトラスイングのデメリット」をまとめます。

USD/HKDウルトラスイングのデメリット
●為替リスクはゼロではない(スプレッド拡大・ドルペッグ制終了)。
GEMFOREXのプラススワップはいつまで続くかわからないので要チェック。
●口座維持費がかかる場合がある。
●日本国内FXとの税制の違い。

個人的な印象としては、片道900%(2700%)の利回りを考えたら、上記のリスクは十分許容範囲内で、とても面白い投資ではないかと考えています。少なくとも宝くじよりよっぽど現実的で期待値が高いと思います。

2億り夫婦のウルトラスイング運用法

最後に、2億り夫婦の実際の運用法をご紹介しておきます。

デメリットの「いつ上がるかわからない」という点は少し気になります。

次にまた7.85まで上がってくれるのか、あるいはせっかく7.80あたりまで行ってもまた7.75に引き返してくるのか、そのあたりはまったくわかりません。

実際に最近13年間のチャートを見ると、7.85まで到達したのは2018年の1回で、それより前に7.75と7.80の間を4往復しているのがわかります。

2億り夫婦は30万円を入金して7.75付近で18 Lot (180万通貨)買ったところですが、この18 Lotの半分は7.75 ⇄ 7.80のミニスイング、もう半分は7.75 ⇄ 7.85のウルトラスイング狙いで保有してみようかと考えています。

ミニスイングでもウルトラスイングでも、一度でも決済できた場合には、得られた資金をもとに18 Lot からMAXの30 Lotに増やす予定です。

合計18 Lot、ポジションの平均が7.75199です。

見込み利益
7.75 ⇄ 7.80のミニスイング 9 Lot
→ 片道約61万円の利益
7.75 ⇄ 7.85のウルトラスイング 9 lot → 片道約122万円の利益
7.75 → 7.85に上がった場合、合計183万円の利益(利回り600%)

このあたりのさじ加減はお好みで決めればいいと思います。


以上の注意点・リスクを十分にご理解の上、始めてみようと思われた方はGEMFOREXに口座開設をしてみてください。日本語でいけますし、何度か英語と日本語で問い合わせたことがありますが、1営業日以内にお返事が返ってきて内容も的確、サポートは海外FX会社の中でかなり良いと思います。口座開設ボーナスや入金ボーナスはオールインワン口座のみ適応になりますので、ご注意ください。


補足1: 複数口座で同じことができる

こんないい話ならもっとポジションを保有してもっとスイングしたくなる人もいらっしゃるかもしれませんが、GEMFOREXでは一口座あたり30 Lotまでしか所持できません。

もっと増やしたい場合はノースプレッド口座(ただしボーナスはつきません)やドル建て口座で建て玉を増やすことができます。2億り夫もオールインワン口座の追加開設をしたところです。

補足2: エントリーのタイミングについて

ちなみに、中級〜上級者向けになりますが、エントリーのタイミングは必ずしも7.75あるいは7.85付近でなくても可能です。例えば7.80の時であっても、10 Lotを買い、10 Lotを売りで両建てにして、7.75になったときに売りポジションを決済、新たに買いポジションを持って7.85に上がるまで待つ…などという運用が可能です。つまり、いつでもエントリー可能です

補足3: スプレッドについて

GEMFOREXのスプレッドに関しては、ざっくりの計算で1 Lot保有したときに2,000円くらいマイナスになる程度です(平常時)。20 Lot で約40,000円分のスプレッドになります。オールインワン口座よりノースプレッド口座の方が若干スプレッドが狭めですが、あまり大きな差はありません。

補足4: 追証について

相場の動きが不安定なときに、ロスカットが上手く発動しないで、ロスカットレートを大きく下回って約定するケースがあります。

口座残高が0円を切ったときの負債について、日本国内のFX会社ではトレーダーの借金(追証)になりますが、GEMFOREXではゼロカットシステムが採用されているので、追証が発生しません

今回のように高レバレッジで取引をして何かあった際に、追証が発生すると身の破滅につながりかねませんが、そのような心配はしなくてよいことになります。

詳細は省きますが、トレーダーに安心してトレードしてもらうことが海外FX会社の利益にもつながるので、このようなシステムになっていますし、トレーダー側としても、高レバレッジで安心してトレードできます。


みなさんの応援が励みになります。
クリック(↓)で応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア



オリジナル手法ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました